低身長の27歳のモテる方法を模索するブログ

ダイエットをしています アンチエイジングと清潔感を極めます

超音波治療器 US PRO 2000 2nd edition(身長・人体実験)

f:id:Androtest:20180110170527j:image

 

f:id:Androtest:20180110170532j:image

 

今日届きました

 

勘のいい方はすでに先日の記事でお気づきになっていらっしゃると思います

 

memotyou.hatenadiary.jp

 

 

新たなる人体実験の幕開けです

 

まず先日の記事の内容を説明しましょう

 

あなたは

 

骨折

 

したことありますか?

 

自分はありません(おい)

 

元々骨が頑丈な方なのか……筋肉がガッシリつく前にも一度もないです

 

出鼻から話が挫かれました すいません

 

スポーツの選手……とくに身体がぶつかり合うスポーツは骨折がよくあります

 

ベッカムが酸素カプセルに入って短期間で骨折を治療したのは有名ですね

 

いつごろから超音波治療器が登場したのかわからないのですが

 

超音波を骨折した患部に一定の間隔と出力で照射すると骨癒合が早く進んで回復が早くなることが知られていました

 

40%早くなるらしいです

 

完治までに通常3カ月かかるなら1ヵ月と24日まで治療期間が短縮されます(1ヵ月を30日で換算した場合)

 

すごくない?

 

すごいんですが……どうして骨癒合が早まるのかはメカニズムが解明されていませんでした

 

ということでここからが本題です

 

先日貼った二つのリンクは

 

「超音波でなぜ骨癒合が早まるのか」

 

 

生理学的回答になります

 

低出力超音波パルスは骨芽細胞様細胞の分化を促進する | 伊藤超短波株式会社 

 

 メカニカルストレスによって細胞分化や免疫応答を調節する - 鹿児島大学 歯学部

 

簡単にまとめますと

 

超音波で骨折が治るのが早まるのは

 

骨髄液中にある間葉系幹細胞が超音波によるメカニカルストレスで骨芽細胞に変わる(分化する)からだよ

 

しかも石灰化(カルシウムの沈着)も早くなるよ

 

 

という論文でした

 

まぁ当方は中卒ですので論文の内容を読み間違えてるかもしれないですが……

 

超音波を照射すると間葉系幹細胞が脂肪細胞に変わりにくくなり骨芽細胞に変わるのがミソ

 

骨芽細胞がどんどん増えて石灰化が進めばどうなるでしょうか……

 

骨が大きくなります

 

多分☆

 

なにぶん人体実験の前なので人柱になってみないとわからないです

 

論文はあくまでマウス実験ですから

 

踵骨に超音波を論文に書いてある出力と間隔と時間で照射してみます

 

踵叩きならぬ踵超音波です(踵叩きは危険らしいですね)

 

踵超音波1日目が始まります

 

踵を含めた足の写真を毎日載せます